オープンハウス その仕事
チラシ作成
挨拶回り
前の日
当日
ご来場者の数は?
居住中のオープンハウス


まず、チラシを作成します。

このときに一番苦労するのが、キャッチコピーです。
不動産にはそれぞれの顔があり、良いところが必ずあります。それを見つけ出し、どのポイントを前面に打ち出すかが、いつも苦労するところです。
このときに、新聞の不動産情報欄にオープンハウスの告知の掲載を併用することもあります。
2回、3回とオープンハウスを開催することもあります。
そのときは、チラシの紙面を、縦から横に変えたり、キャッチコピーを変えたりして少しでも目を引くように気を使います。
オープンハウスを何回も開催することを嫌われるオーナーもいらっしゃいますが、先週までは全然家の購入など考えていなかったけど、昨日の家族会議で購入の検討を始められて、お見えになるとうい方もいらっしゃいます。
しかし、言えることは、売却価格が適正であれば、早期に売却ができるということです。
市場価格より高いと何回オープンハウスを開催しても、売却は難しいです。

チラシが出来上がったら、チラシを配布します。 ・ 次へ

 

 
 
COPYRIGHT(C)2001-2002 福岡不動産情報ドットコム・SOUGOJISYO Co.,Ltd. All RIGHT RESERVED